上越のマッターホルン 【大源太山】 ①

登山

10月1日。
大源太山に行ってきました。




大源太山
新潟県南魚沼市と、湯沢町の境にある山
四角い木材の事を指す方言「ゲンタ」から名付けられ
”上越のマッターホルン”と呼ばれている。




行程
旭原登山口 → 第一渡渉点 → 謙信ゆかりの道分岐 → 第二渡渉点 →
大源太山 → 七ツ小屋山 → シシゴヤノ頭方面分岐 → シシゴヤノ頭 →
謙信ゆかりの道分岐 → 第一渡渉点 → 旭原登山口





この10月1日の日曜日は
高気圧に覆われて、絶好の登山日和に!
この前数日間も大した雨は無かったので、
ずっと機会を狙っていた、大源太山に行きました。
睡眠もバッチリとれましたので
久々にがっちり歩きます (^^♪




【旭原登山口】
夜、最高の星空の下、ぐっすり寝れました
10台くらいとめられる駐車場は満杯に。

画像



行ってきま~~す (^o^)/
画像
6:30




最初は静かな、杉の林の小道
画像




【第一渡渉点】
石をつたって歩きますが、浮石も多く
平常時の水量でも、靴は水にうまるので
増水時は渡渉困難でしょう
画像
6:40




途中が折れていて、不安定なはしご
僕の体重で折れたのではありません
最初から折れてた (・_・)

画像



沢の音が心地いいです
画像



【第二渡渉点】
ロープを手でググッと引き寄せつつ
大きい岩へと渡るが
跨ぐのが微妙に届きずらい距離で
なおかつ岩がツルツル滑る
渡渉二つとも、まあまあ厄介 (-_-;)
画像
7:20




沢を渡ると、山頂までず~~っと急登
さあここから頑張りどころです (^_^;)
画像



上までそうとう頑張らされる
それが新潟の山だよね (^_^)

画像



ずーーーーっと急登
そして、常に垂れ下がるトラロープ
画像



山頂まで登り一辺倒!!
標高差800m程の、急勾配を一気に登る
画像



つ・・・疲れた (-_-;)
画像



だいぶ登って来まして
めざす大源太山が見えてきました。
全然マッターホルン感がねえんだけど (・_・?)
画像

 

やっと、展望が開けてきました
登り、つらかったぁー(^_^;)
画像



青空の下、展望の弥助尾根を歩く
こっからが、至福の時です
画像



開放感たっぷりの尾根歩き
ふり返ると、湯沢の風景
苗場山ってすぐ分かるよね (^_^)
画像



両サイド切れ落ち ( ̄ロ ̄)!!!
画像



アキノキリンソウ
画像



標高のわりには、大展望の尾根歩きが楽しめる
谷川連峰の、隠れた名コース
と言えるのではないでしょうか
画像



大源太山は、岩の山
だんだんその様相が濃くなってきます
画像



うおお!!
あれに見えるは、巻機山じゃないか (^^♪

画像



谷川連峰も、どんどん見えだします
谷川岳一ノ倉岳茂倉岳武能岳万太郎山
大好きな山々です、
万太郎山いきたいなあ (* ̄∇ ̄*)
画像



もうすぐ山頂かな?
画像



【大源太山山頂】
大源太山、(標高1598m)
登り始めからの標高差、888m
画像
9:50




記念写真
画像



【大源太山頂からの眺め】
北は新潟の山々、巻機山はわかったんだけど、
このすぐ隣の大きな山は、柄沢岳かなあ???
遠くに見えてるのは
越後三山か?荒沢岳か?はたまた平ヶ岳かな?
ちょっとわかりません (^^ゞ
画像



これから向かう、七ツ小屋山
笹原の斜面が美しい
画像



谷川連峰もずらっと見えてます
朝日岳笠ヶ岳七ツj小屋山谷川岳
一ノ倉岳万太郎山仙ノ倉山
間違ってたら、さーせん <(_ _)>
画像



登って来た、弥助尾根と、
苗場山、湯沢の町
また白瀧買って帰るぜ~(`∀´)
画像



楽しみはまだまだ待ってます
それでは、七ツ小屋山へ向いましょう
画像
10:10




次の記事 「上越のマッターホルン 【大源太山】 ②」 に続きます・・・( ̄▽ ̄)






タイトルとURLをコピーしました