上越のマッターホルン 【大源太山】 ②

登山

10月1日。 (①からの続きです)




七ツ小屋山にむかう為、
大源太山から下ります。
危険マークもある鎖場に差し掛かります。

画像



ストンと切れ落ちた、岩の壁を下ります
画像



鎖もしっかりと持ち、三点支持で慎重に。
ずっと山側を向いて下りました
怖かった~~(^_^;)
画像



下からガミガミ指示してあげてます (`∀´)
画像



足を置くとこが見えない場面もあり
ずりずり探りながらなんとか下る (-_-;)
画像



そんで、けっこう長いんだこれが。
天候悪い時なんかは、やめた方が無難かなあ・・・
僕等が下手なだけかな (^^ゞ

画像



鞍部までくだりまして
あんぶなかった岩場をふり返る。
画像



ホソバコゴメグサ
画像



そしてそして、ふり返って見ると
さすが上越のマッターホルン
迫力の鋭鋒、大源太山です。
画像



これから登る
七ツ小屋山への道もすごく綺麗♪
画像



登って良し、眺めて良しの山でした。
鋭い三角形が迫ってくるようです。
弥助尾根から仰ぎ見たとき
”どこら辺がマッターホルンなん??”
なんて思ってしまって、すみませんでした <(_ _)>

画像



何度も振り返って
大源太山を、チラチラ見ながら
七ツ小屋山へと進む。
画像



紅葉も少し楽しめました♪
画像



谷川馬蹄形縦走路に入りました。
画像
11:55




そうです、七ツ小屋山は、
谷川馬蹄形ルート上の、一つのピーク。
なので少しの間、谷川馬蹄形縦走路の一角を
歩く事になります
画像



【七ツ小屋山山頂】
七ツ小屋山、(標高1674m)
画像
12:00




記念撮影
画像



【七ツ小屋山山頂からの眺め】
谷川岳へと続く稜線
雄大で、たおやかで、なにしろ美しい
ホント来てよかったーーって思った
画像



そして、グル――っと反対側は
朝日岳笠ヶ岳白毛門へと至る。
谷川馬蹄形縦走路の山々。
すばらしいの一言でした (^_^)/
画像



先に進みます
この雄大なルートを、
ほんの少しの間、堪能できます
いやあ~ホレボレする稜線だね (^^)
画像



誰もいなくて、僕等2人の歓声が響いてます
画像



なんかもう、
ずっと歩いていたい気持ちだなあ (^_^)

画像



ちょっとだけ湿原ありました
画像



谷川岳、アーーーップ!!
画像



ふり返ると、大源太山と、七ツ小屋山
その間から、巻機山も見えています。
画像



【シシゴヤノ頭方面分岐】
ここで、名残惜しいけど
谷川馬蹄形縦走路とはお別れ。
謙信ゆかりの道へと入ります
画像
12:50




お昼ごはん休憩
今回は、僕がバーガーいただきました (`∀´) ヶヶヶ
画像



【謙信ゆかりの道】
シシゴヤノ頭へと向かい、そこからは激下りです
こちらの稜線も、紅葉があって綺麗でした
藪こぎの場合が多い道なんだそうですが
この日は、整備された後のようで、
とても歩きやすくて、本当に感謝しかないです。
画像



縦走してきた山々を、横に見ながら歩く
画像



ところで、なんで謙信ゆかりの道
って言うんだろう・・・
「何でなのかなあ~お兄さん!」
「自分で調べようね、なんだろう君!」
画像



【シシゴヤノ頭】
ふたりとも、実はもうクッタクタです ((+_+))
画像
13:55



シシゴヤノ頭からは、激下り
つづら折れの道ですが、滑りやすくって
僕等には苦手な感じの下りでした
疲れてたし、チンタラチンタラ下りました (-。-)y-゜゜゜
画像



ミヤマダイモンジソウ
画像



なんのキノコかはわかりませんが
味噌汁に入れたら、めっちゃ美味そうなヤツ
画像



水場がありました
冷たくて美味しかった~(^^♪
画像



【謙信ゆかりの道分岐】
戦国武将、上杉謙信が関東に攻め込むときに
軍馬を掲げたという言い伝えがあるそうです。
画像
16:40




【第一渡渉点】
疲れてたし、もうすぐ駐車場だしで、
渡渉が雑!
画像
16:55




ゴーーーール ヾ(≧▽≦)ノ
画像
17:15




歩きが遅い僕等は、最後いっつもビリっけつ
一台も無い駐車場に、ポツンとエスティマ君
これがいつもの、ゴールの風景です (* ̄m ̄)プッ
画像



【湯沢温泉】
湯沢の外湯、「街道の湯」さんで汗を流しました
もう、とっぷりと日も暮れました (^_^;)
画像



夕食は、トラックドライバー御用達の
関越道、谷川岳PAの食堂にて。
水が美味しいし、お米も美味しいし、量も多いのだよ。
画像



大源太山
谷川連峰の、隠れた名峰
すばらしい山歩きができました。
画像










タイトルとURLをコピーしました